施設長より

当施設の採用サイトをご覧いただきましてありがとうございます。


令和3年度がいよいよスタートしました。昨年度は新型コロナに振り回された一年でしたね。今年度は3年に一度の介護保険の報酬改定の年にもあたります。事務所も書類作成等、てんやわんやしながら新年度を迎えました。


このサイトをご覧になっておられる皆様は、毎日が楽しく過ごせていますか?仕事は充実していますか?正しく評価を受けて仕事が出来ていますか?サービス残業が当たり前の生活になっていませんか?


当事業所は開設3年半が経過しましたが、令和3年度スタートは新卒スタッフや海外からの特定技能実習生も加わって益々賑やかなものとなりました。
施設に活気があるということは入所者、入居者、利用者の皆様にとっても、とても良いことです。
活気がある=無駄口が多い、では決してなく、様々な意見が飛び交い、今までの企画に捉われない斬新な企画の提案がある、スタッフ一人ひとりの長所が生かせる職場であるということです。

新型コロナでいつの間にか施設内も「当たり前のことが当たり前でなくなった」
これを「どうすれば当たり前の状態に近づけていくことができるのか」を一人ひとりが考えていける、そんな専門職集団でありたいと強く思っております。


開設当初から私は「お互いの長所を見る習慣をつけていきましょう」ということを皆さんに言い続けています。前回にも書きましたが、介護業界の離職原因の1位は「人間関係」です。もちろん当事業所も残念ながら退職するスタッフはおりますが、人間関係で辞める人材はほぼ0になりました。
施設長さんあるあるですが、職員が管理者に退職理由を言う場合は違う理由を言って辞める、これが大半を占めます。(※あくまで私個人の経験上です(笑) )


しかし、この事業所は全スタッフが様々な面で個性的でありますがマイナス思考のスタッフは一人もいないと自負しております。



このサイトを訪れて何か「ビビッと」感じられた方がおられましたら、見学だけでも是非お気軽にお越しください。雰囲気だけでも感じていただけると思います(見学は、私服OK・手ぶらOK・お友達と一緒にOK)


ブログも是非ご一読ください。
少しでも事業所の雰囲気を感じてみてください。


待遇面福利厚生面に関しても現状に満足することなく、職員の頑張りを職員に還元するために、法人内で専門家を交えながら毎月会議を重ねています。


これからもカトレア鈴蘭台はスタッフ全員で同じ方向を向いて、入居者利用者ご家族の皆様に、少しでも「この施設で良かった」と思って頂けるように、楽しく明るく前進して参ります。



ヤル気のある方のみ是非一緒に参画してください。お待ちしております。




カトレア鈴蘭台・ケアハウスカトレアすずらん台
施設長 高階 和洋

 

<施設長 高階和洋>

1997年3月  日本福祉大学社会福祉学部 卒業
2007年1月  社会福祉法人まなの会 入職
       カトレア三木(特養)の統括次長を経て
2010年4月  ケアハウスカトレア神戸 施設長 就任
2017年10月  カトレア鈴蘭台、ケアハウスカトレアすずらん台の施設長に就任
       現在に至る
資格:社会福祉士、介護支援専門員
現在、神戸市老人福祉施設連盟理事、長寿文化フォーラム幹事

 

page top