施設概要

「カトレア鈴蘭台」の基本方針

・「一人ひとりの人生、個性を尊重し、入居者やご家族が『地域での生活を継続する』
 ことができるよう笑顔を絶やすことなく全職員一丸となり実践していく。
・専門職としての自覚を持ち、各々が成長できる職場づくりを目指す。

 

「ケアハウスカトレアすずらん台」の基本方針

「ケアハウス」が、居宅である事を踏まえつつ、団体生活の枠にとらわれず、永く元気で、自分らしい生活をお送り頂くことを運営上の基本方針とした上で、ご高齢者の特性に配慮した住みよい住居及び介護サービスを提供する。
また、ご入居者の自主性を尊重し地域社会で入居者が明るく心豊かに生活できるよう配慮していくこととする。

 

3つの事業が一体となった施設です

兵庫県下ではめずらしい介護老人福祉施設(特養)、軽費老人ホーム(ケアハウス)の同一建物内併設事業所です。法人内の最新施設として、「見守り用の介護ロボット」を70床全床に導入し、ご入居者の体調管理やお休み時の状態観察に役立てています。
①介護老人福祉施設(カトレア鈴蘭台):入所数30床、②短期入所生活介護:10床
③軽費老人ホーム(ケアハウスカトレアすずらん台):入所数30床

 

カトレア鈴蘭台/ケアハウスカトレアすずらん台の施設の活動について

・スタッフ主体の行事となるように行事委員会を中心にして、年間の行事を計画し、各行事が計画的に準備できる体制をとります。
・ご入居者が折々の季節を感じ取れるものや、昔を懐かしんでいただけて、取り組みやすい行事を進めます。
・どちらの行事もご家族もご一緒に参加頂けるような行事を立案しています。

 

 

 

page top